太陽光発電と併用のしたい蓄電システム

環境に優しく、しかも余剰電力を電力会社が買い取ってくれるので、とても魅力のあるのが太陽光発電です。
電力会社から送電線を伝うことなく発電ができる仕組みなので、もし万が一災害で電力会社からの電力の供給が途絶えたときでも、自家発電をすることができてとても心強くなります。
しかし太陽光発電の最大の弱点は、太陽光で発電をするために、その電力を夜間に使用ができないということにあります。
せっかく安価な電力を発電しても日中だけの使用に留まってしまいます。
一般家庭はもちろんですが、より多くの電力を必要とする工場などの企業でも太陽光発電は利用されています。
そのメリットを最大限活かす為には蓄電システムとの併用で、自然エネルギーを昼夜の関係なく利用できるようにする必要があります。
もちろん一般家庭向けの蓄電システムは企業向けでは仕様が全く異なりますし、導入に対する費用も全く別次元のものとなります。
しかしいずれにせよ初期の導入コストがかなりすることから、運用を継続すればメリットがあることがわかっていても躊躇してしまうこともあります。
しかし国も太陽光発電を中心とした自然エネルギーの活用にはかなり熱心です。
そのために蓄電システムの導入のための補助金が出ることもあります。
どのようなケースならば補助金が出るかを確認しながら、導入に向けての検討をするといいでしょう。
当然初期の導入コストはかかりますが、長期的な使用でどの程度のメリットを生み出せるかを試算して、導入の検討をしましょう。