後遺障害の認定に疑問を持ったときに

交通事故に巻き込まれて、後遺障害が残ってしまったら、その慰謝料や保証はどのように決められるかということは実際にその立場にならないと分からないことが多いものです。
自賠責基準で決められた慰謝料の金額と裁判を通して弁護士基準で認定された慰謝料の金額は同じ後遺障害の等級であっても倍以上の差額があると言われています。

障害についての認定は書面審査で行われており、病院で作成してもらった診断書に基づいて行われます。
しかし、その障害を診断する時に必要な検査が行われているか、診断書に必要な内容が記載されているかを精査するのは、障害の残った本人が判断するのはとても難しい事です。

認定された後遺障害について、もう一度審査をし直してもらうための異議申立を代理人として手続きするためにぜひ相談をしたいのが「後遺障害サポートドットコム」で検索をすると出てくる「弁護士法人 安倍剛法律事務所」です。
交通事故に関する示談交渉の経験が豊富な専門の弁護士がトータルでサポートをしてくれます。
被害者の方一人一人に対して丁寧な聞き取り調査を行い、申し立てに必要な異議申立書の作成をし、示談交渉などについても、解決するまでを代理人として行ってくれます。
もしも、交通事故で後遺障害を認定された時にその内容に疑問を持ったなら異議申立を考えてみるのもいいかもしれません。