特許申請は助成金を利用して賢く行いましょう

中小企業が外国で特許申請をする場合、助成金を利用するのがおすすめです。
特許関連の助成金を利用して特許を取得しますと、最高で300万円の支給が受けられるほか、経営基盤の強化を図れる、国際競争力を高めることができる、外国に行って自社のブランドが使えないというトラブルを回避できる、などのさまざまな恩恵が受けられます。
助成金を申請する際には、至誠国際特許事務所に相談してみるとよいでしょう。
この事務所は中小企業の知的財産権の支援に特化しており、この分野の実績とノウハウはとても多く持っています。
至誠国際特許事務所に相談しますと、丁寧なヒアリングをもとに、特許の申請が通るようにしてくれます。
ここでは自分の現在の状況やニーズに合った申請の方法を提案してもらうことができます。
また、特許申請の依頼を受けた場合この事務所は、特許、実用新案、商標など、どの特許を取得するのが適切なのか明らかにしたうえで、それらの取得を親身になってサポートしてくれます。
日本以外の外国で特許を取りたいという中小企業にも、その国の事情に合った特許の取り方をアドバイスしています。
特許に関する訴訟の実績も多くあるこの事務所では、特許をめぐって係争になりそうな場合でも、解決に向けたアドバイスをすることも可能です。