トイレの躾をしよう

近年、室内で犬を飼う家庭も増えてきています。
そこで一番大変なのはトイレの躾かもしれません。
トイレの場所を作っても、そう簡単にそこで排泄してくれるとは限りません。
もしも別のところで排泄してしまうと大変なことです。
そのため、きちんとトイレのトレーニングを行うことが大切です。
そのトレーニングは基本的には、排泄する仕草をしたときトイレに連れていくことです。
何度も繰り返していくうちに、そこがトイレなのだと認識してもらえます。
一度認識してもらえば、次からは催したとき自発的にトイレに向かってくれます。
しかし、飼い主はずっとペットのそばにいられるわけではなく、いつ排泄するのか分かりません。
そこで便利なのがハウストレーニングと呼ばれる方法です。
犬は狭いところでは排泄しない習性を持っています。
そのため、一時的にキャリーやバリケンに入れておきます。
その間トイレを我慢しているため、出したときにすぐに排泄しようとするわけです。
そのときトイレに連れていけば、学習してもらえます。
ただし、いくら躾だからと言って狭いところに押し込めるようなことはしてはいけません。
それがストレスとなって、躾どころでなくなってしまうからです。