医師としての成長を図る重要な時期が臨床研修医

医師として、病気や患者さん達と向き合う為にも、重要な時期があります。
それは、研修医の時期です。
特に研修医の期間の中でも、重要視されているのが臨床研修医と言ってよいでしょう。
なぜなら、臨床を行うことによって、机の上では絶対に学ぶことが出来ない医学について学ぶことが出来るからです。
臨床研修の期間は、医学部を卒業後、医師免許を取得して、厚生労働大臣が指定する医療機関で2年間行わなくてはいけません。
これは、義務化されているので、必修です。
誰もが必ず受けるべき研修期間と言うことで、その重要性が伝わります。
始めの研修期間では、内科や救急、地域医療が必修です。
その後、外科や麻酔科、小児医療、産婦人科、精神科の中から2科目を選びます。
様々な診療科目を学ぶことにより、将来自分はどの科目に進むべきなのかを把握できるでしょう。
医師としての役割などを実際の医療現場に立つことで、医師としての心得を実感する場所になっています。
一人前の医師になる為には、この臨床研修医の期間が、重要ですから、多くのことを学び、また成長していくことが出来るチャンスの場です。
医師を志す方全てが、与えられる場所なので、医学部時代よりも、多くの医療の知識を習得できます。