あらかじめ交通事故での慰謝料計算方法を知っておきたい

車に乗る人にとって、避けて通れないのが事故です。
車同士の事故もあれば、人や自転車とぶつかる事故も増えています。
交通ルールを守らない人がいると事故は起こりやすくなりますが、安全運転を心掛け、交通ルールを守っていても、事故というのは突発的に起こるものです。
最近は車が一方的に悪いという考えではなく、たとえば横断歩道のないところを無理やり横切ってきた歩行者をはねてしまったというような場合、それぞれにどのくらいの過失割合があるかが考慮されるようになりました。
とはいえ、100パーセント車が悪いとなれば、相手に対して慰謝料を支払わなければなりません。
慰謝料は、交通事故に遭ったことによって仕事ができなくなった場合の給料はもちろん、恐怖や精神的なショックなども考慮して要求することができるとされています。
給料ははっきりとわかりますが、どの程度の恐怖を味わい、精神的な苦痛を強いられたかということをお金に換算するのは、主観的なことでもあり、むずかしいと思います。
加害者としては、どれだけ請求されるか恐ろしいところです。
そこで、弁護士の力を借りて、法的に妥当とされる慰謝料計算方法をしっておくと、ひとまず安心できるのではないでしょうか。